【エスコンフィールドHOKKAIDO】スタジアムガイド

スタジアムルール

再入場:可
飲食物持込:基本的に飲食物全般不可
マイボトル(水筒)はOKの様です。
https://www.fighters.co.jp/news/detail/202300303123.html
https://www.fighters.co.jp/stadium/rule/
コンコース通行規制:基本的に無、一部ラウンジ等は当該チケット保持者のみ利用可

1階外野エリアグルメ

非試合時でも営業するエリア。球場内ビール醸造レストラン「そらとしば」や日本ハムのフードコートがある。

シャうどん

シャウエッセンを使ったうどん。関西風の出汁にシャウエッセンの肉汁が溶け込み、細く柔らかい麺と相性が良い。

店名:うどん専門店 umai
場所:1階レフト側フードホール
金額:920円

シーズナルビール

ビール醸造レストラン「そらとしば」では定番の2種のビールの他、写真の黒いスタウトビールの様に季節毎のオリジナルビールが登場する。

店名:そらとしば
場所:1階バックスクリーン裏
金額:ビールにより異なる

チーズドッグ

ミスタードーナツのエスコンF限定メニュー。
ソフトフランスパンにシャウエッセンを挟み、その上からトマトソースとシュレッドチーズをトッピング。

店名:ミスタードーナツ
場所:1階ライト側
金額:550円

シャウエッセンドッグ

日本ハムのスタジアムでシャウエッセン、これぞ皆が待ってたメニュー。スーパー等で売られるシャウエッセンよりも長いものが使われている。
球場の中でも一番二番を争うのではないか、と言う位人気。

店名:HOTDOG FUN
場所:場内1階レフト後方「foodhall by Nipponham」内
金額:650円


Play Ball! Ale

球場内で醸造されるオリジナル地ビール。アルコール度が少し低め(4.5%)で口当たり軽く、爽やかな香りとフルーティーさと若干の苦みを感じるビール。
店名:そらとしば
場所:1階バックスクリーン裏
金額:800円

Big-Fly Saison

柑橘系の香りとキレのある味わいが特徴のアルコール度5%のビール。ホワイトビールに近い。ビールに甘さを求めてないならこちら。
店名:そらとしば
場所:1階バックスクリーン裏
金額:800円

1階内野エリアグルメ

MEGA焼き鳥弁当

函館名物のやきとり弁当風に、串鶏のメガ焼き鳥(鶏・豚・つくね)を3本入れたお弁当。当然ボリューム感が半端無い。

店名:串鶏
場所:1階一塁側
金額:2000円

だし餅

札幌の日本料理店「かわむら出汁茶」自慢の出汁茶漬けに使われる出汁に、ご飯では無く切り餅を入れたもの。お雑煮の様な味わい。

店名:かわむら出汁茶
場所:1階三塁側
金額:500円

宮様っちゃパフェ

抹茶をこよなく愛する宮西投手と日本ハム元投手の新垣さんのお店「KAKILAND」のコラボメニュー。小倉あんとわらび餅の和テイストパフェ。

店名:KAKILAND
場所:1階ライトポールとリポビタンGATEの間
金額:900円

かぼちゃコロッケ

写真はかぼちゃのコロッケですが、お店には他にもカニクリーム、とうもろこし、男爵など北海道らしい具材を使った北海道産にこだわったコロッケが販売されてます。お値段もエスコンFの中ではお手頃の部類に入る。

店名:コロモア
場所:1階一塁側

電光石火

注文を受けてから焼く広島焼き。テイクアウトしてスタンドで食べることも、お店のカウンターで食べることも出来る。

職人が焼き上げるMEGAサイズ焼き鳥

通常の2倍の大きさの焼き鳥。写真の豚串の他、鶏串、つくね串があり、味付けを塩・タレから選択できる。持ち運びを考えれば塩が無難だが豚串をタレで食べると生姜焼き風な味わいになる。

店名:串鳥
場所:1階一塁側
金額:490円~

串鶏名物 鶏スープ

若干コショウ強め、梅か紫蘇が加わった感のある美味しい鶏ガラスープ。
注文すると紙コップを渡され店舗横のポットに入ったスープを自分で注ぐ。おかわり自由で150円とエスコンF内で最安の飲み物でもある。

店舗:串鶏
場所:1階一塁側
金額:150円

日本料理のおにぎり

札幌にある日本料理店「かわむら出汁茶」がおにぎりのお店を出店。写真はきつね(稲荷)ですが、10種類ほどの具から選べます。『パリパリ感と香りを楽しんでいただくため』海苔はおにぎりと別で提供されます。

店名:かわむら出汁茶
場所:1階三塁側
金額:具材によって異なる

2階エリアグルメ

参考情報になり現在販売されていないものも含まれます。

限界に挑戦!特盛TRY(寅威)ソフトクリーム

伏見選手メニューは特盛ソフトクリーム。一部報道では高さ50cmとあったが、これ以上盛ると倒れるのではと思う位のソフトクリーム。コーンフレークでかさ増ししないのも、カップの下の方にチョコクランチなど味変材料を入れてるのも◎。

店名:町村農場
場所:2階一塁側
金額:1500円

えふたんのおふとん和牛カレー

えふたんをほんのり青色がついたご飯で表し、頭の上のボールに見立てた白玉、そしてカレールーを布団に見立てています。甘口ですが牛肉たっぷりのカレー。カフェ内にイートインスペースもあります。

店名:えふたんCAFE
場所:2階一塁側
金額:1200円

えふたんレモンソーダ

えふたんをイメージした青色のレモンソーダ。レモンサワーもある。

店名:えふたんCAFE
場所:2階一塁側
金額:600円

えふたんマカロン

エスコンフィールドのマスコット、えふたんのマカロン。

店名:えふたんCAFE
場所:2階一塁側
金額:600円

福寅マンゴーオレンジパインけずり

凍らせたマンゴー・オレンジ・パインをかき氷風に削ったもの。カップの底にはキウイソース、上にはミルクムースそして「福」「寅」マシュマロが添えられている。

店名:リトルジュースバー
場所:2階一塁側
金額:850円

スタミナまんちゅうカレー

万波選手思い出の味、横浜高校時代に食べていた生姜焼き入りのカレー。スパイシーさよりも食べやすさが感じられるカレーは2024年のテレビ番組「ジョブチューン」にて、球場飯ランキング第2位に輝く。

店名:IZAKAYA とぽす
場所:2階三塁側七つ星横丁
金額:1180円

Yagien北海道クラムチャウダー

お店のプロデューサーであるEXILE SHOKICHIさんの出身地苫小牧のホッキ貝で出汁を取った甘みのあるクラムチャウダー。

店名:Yagien Ballpark
場所:2階外野ライト側
金額:700円

牛サガリ松本剛ボックス

2024年は石井一成選手ご実家のお米を使い、商品名が「石井一成選手ご実家の石井米を使用した松本剛選手の牛サガリ松本剛ボックス」となる。醤油ダレで和テイストな焼肉丼。

店名:Yagien Ballpark
場所:2階外野ライト側
金額:2000円

天のびろくとかちマッシュ餃子

ブラウンマッシュルームと道産鶏肉を使った焼き餃子。鶏肉だが餡の味とボリュームが豚まんを連想させる食べ応え。

店名:天のびろく
場所:2階レフト側
金額:6個入り880円

藤波辰爾の揚げ餃子

2023年は「藤波辰爾のスタミナ豚肉丼」が好評だったそうで、2024年も新たな藤波辰爾コラボメニューが登場。注文を受けて揚げるので揚げ立てが食べられる。ニンニクも気にならずプラカップに入っているのでスタンドへも持っていける。

店名:銀座三州屋
場所:2階三塁側七つ星横丁
金額:5個入850円

山﨑福也投手の君にサチあれ!親子でドン!

山﨑福也投手の移籍後初メニューは父親も元NPB選手な事から親子丼。トロトロ卵とじの上に更に生卵を加えトロトロ感倍増な親子丼になっている。

店名:銀座三州屋
場所:2階三塁側七つ星横丁
金額:1450円

しゃけまるちらし

過去サッポロドームでも販売されたが、エスコン版は寿司屋「天金」によるサーモンの刺身と火の入れ加減が絶妙な炙りサーモンの丼としてリニューアル。

店名:天金
場所:2階三塁側七つ星横丁
金額:1500円

こだわり焼鳥

もも・ねぎま・ぼんじりが入った焼き鳥。3本入りと6本入り、タレと塩からそれぞれ選べる。しっかりした調理設備があるだけに球場飯における焼き鳥としては上位の味わい。

店名:居酒屋とぽす
場所:2階三塁側七つ星横丁
金額:3本入り640円、6本入り1180円

イクラのつっこ飯

イートインのイクラ丼。「オイサー、オイサー」と威勢の良い掛け声でイクラをこぼれんばかりに丼に盛ってくれる。テイクアウト用に「ミニイクラ丼」もある。ミニイクラ丼や同店のミニ海鮮丼には北海道の形をした昆布が付く。
店名:海味はちきょう
場所:2階三塁側 七つ星横丁、3階三塁側(2階と3階に1店舗づつ)
金額:中サイズ:3190円(小、大もある)

道産ホッケフライ

身が引き締まり脂がのったホッケのフライをタルタルソースでいただく。アジフライに似てる。海鮮のお店で出てくる魚のフライは一味違うなと思わせてくれる一品。

店名:海味はちきょう
場所:2階一塁側、3階三塁側
金額:550円

ミニいくら丼

「イクラのつっこ飯」と同じお店で出されるテイクアウト用の丼。宝石の様なイクラと北海道形の昆布でエスコンで一番映えるメニューと言っても過言では無い。ミニだけにご飯は小盛だがイクラは多め。他メニューもあれこれ楽しみたい方にも量的に支障が無い。

店名:海味はちきょう
場所:2階三塁側 七つ星横丁、3階三塁側(2階と3階に1店舗づつ)
金額:1900円

台湾ルーロー飯

豚バラ肉と大根を細かくサイコロ状に切り甘辛いタレで煮込みご飯の上にドバッとかけてます。豚バラは勿論のこと大根も柔らかく醤油味のタレが染みまくりなのがポイントです。

2階3塁側七つ星横丁「焼貝あこや」で販売。公式戦の土日祝は1階「魯肉坊主」ワゴンでも販売。980円。

ミニ海鮮丼

ミニだけに一食を満たす程の量は無いが、北海道の形をした昆布を含めて手軽に北海道気分を味わえる一品。
店名:海鮮はちきょう
場所:2階三塁側 七つ星横丁、3階三塁側
金額:900円

しゃけまる弁当

札幌ドーム時から内容を刷新。焼鮭とイクラをメインに、ちくわの磯辺揚げとしゃけまるのイラスト入りの焼海苔を加えて海苔弁風に仕立てられています。ご飯には鮭フレークと油揚げが入る。
試合開始前に売り切れる事が多い。

店名:焼貝あこや
場所:2階三塁側 七つ星横丁
金額:1280円

清宮幸太郎選手の幸せ盛り

丼一面に広がるピンク色が「幸せ盛り」という名に相応しい。
チャーシューは薄切りで柔らか。ラーメン自体は牡蠣、あさり、しじみと京都の醬油をつかってあっさりした味。

店名:麺屋優光
場所:2階三塁側 七つ星横丁
金額:1380円

牧場ミルク ソフトクリーム

農場直送の新鮮なミルクを使った、さっぱりとした味わいのソフトクリーム。単独でも美味しいがマスカルポーネをのせたサンデーも評判高い。
店名:町村農場
場所:2階一塁側
金額:450円

藤波辰爾のスタミナ豚肉丼

北海道おなじみの豚丼風では無く豚バラを甘辛く焼いてニンニクの味付けといった感じ。
コテコテにならず食べやすい味、ニンニクの芽やパプリカで彩りを加え、一般的なスタミナ豚丼よりも少し上品な?ニンニクの香り。
店名:銀座 三州屋
場所:2階三塁側 七つ星横丁
金額:1350円

特選握り寿司

旭川の「天金」が球場内に寿司店を構え、職人さんが握ってくれるお寿司をカウンター席で食べられたりテイクアウト用のお寿司もあります。
店名:天金
場所:2階三塁側 七つ星横丁
金額:写真の特選握り寿司は3000円

3階エリアグルメ

鴨ササミとチーズのスモークセット

最近スタジアムグルメにも燻製メニューが浸透しつつあるが、鴨ササミを出しているのはここだけではないだろうか。お肉としては味は薄目なので完全にお酒、ビールよりアルコール度の高いお酒と共に味わうものだと思います。

店名:祐一郎商店
場所:3階三塁側
金額:1000円

カニ汁

蟹の出汁が存分に溶け込んだ味噌汁。蟹の身も少しだがある。

店名:祐一郎商店
場所:3階三塁側
金額:500円 ご飯ものとセットだと300円

鶏の炊き込み飯

醤油味の中に鶏の甘味が存分に感じられる炊き込みご飯。

店名:祐一郎商店
場所:3階三塁側
金額:950円

伊藤 大海投手の北海道名物ホタテ丼

ジャンバラヤに使われるようなご飯の上には、ホタテ・アスパラ・チーズ・トウモロコシと伊藤投手出身の北海道名物が盛られている。北海道丼は数あれどこれは組み合わせがユニーク。

店名:Full Swing
場所:3階一塁側
金額:1150円

無限鶏皮串

脂の乗りが良い鶏皮を醤油ダレで食べる串物。無限とまでは言わないが1パック一気に食べてしまいそうな味。

店名:なると屋
場所:3階3塁側
金額:5本入り600円

イクラのつっこ飯

イートインのイクラ丼。「オイサー、オイサー」と威勢の良い掛け声でイクラをこぼれんばかりに丼に盛ってくれる。テイクアウト用に「ミニイクラ丼」もある。ミニイクラ丼や同店のミニ海鮮丼には北海道の形をした昆布が付く。
店名:海味はちきょう
場所:2階三塁側 七つ星横丁、3階三塁側(2階と3階に1店舗づつ)
金額:中サイズ:3190円(小、大もある)

道産ホッケフライ

身が引き締まり脂がのったホッケのフライをタルタルソースでいただく。アジフライに似てる。海鮮のお店で出てくる魚のフライは一味違うなと思わせてくれる一品。

店名:海味はちきょう
場所:2階一塁側、3階三塁側
金額:550円

ミニいくら丼

「イクラのつっこ飯」と同じお店で出されるテイクアウト用の丼。宝石の様なイクラと北海道形の昆布でエスコンで一番映えるメニューと言っても過言では無い。ミニだけにご飯は小盛だがイクラは多め。他メニューもあれこれ楽しみたい方にも量的に支障が無い。

店名:海味はちきょう
場所:2階三塁側 七つ星横丁、3階三塁側(2階と3階に1店舗づつ)
金額:1900円

清宮幸太郎選手のきよミートチャーハン〜炙り焼き豚5枚入り〜

鎌ケ谷近隣の中華料理店で「清宮くん焼肉チャーハン」を出しているお店がありましたが、エスコンではチャーシューでご飯を覆い尽くすタイプのチャーハンとして登場。

3階三塁側「味噌がなくては戦ができぬ」で販売。1390円。

ミニ海鮮丼

ミニだけに一食を満たす程の量は無いが、北海道の形をした昆布を含めて手軽に北海道気分を味わえる一品。
店名:海鮮はちきょう
場所:2階三塁側 七つ星横丁、3階三塁側
金額:900円

野菜がっつり味噌ラーメン

豚骨スープと北海道産の味噌だれ、そして背脂のガッツリ系ラーメン。スープを飲んだ感じでは豚骨よりも味噌の方の味が強く。白みそっぽいけど少しピリ辛な味噌ラーメンと言う印象。麺は極太だがうどんに似た感じでするっと食べられる。

店名:味噌がなくては戦ができぬ
場所:3階三塁側
金額:1080円

ジンギスカン

天気が良く寒くない日は3階の屋外テラス区画でジンギスカンが出来ることがあります。

店名:祐一郎商店
場所:3階三塁側

若鶏半身揚げ

小樽なると屋名物、文字通り鶏の半身を丸ごと揚げたものがクリスマスを待たず毎試合食べられる。
シンプルな塩味でお肉ミッシリ。ボリューム的には2~3人前と言った所。これが関東の球場なら間違いなく球場屈指の名物になる位の存在。

店名:小樽なると屋
場所:3階三塁側
金額:990円

伊藤大海選手のたらこ海鮮大漁弁当

伊藤投手の出身地である鹿部町の名物、たらこをつかったお弁当。
つぶ貝の炊き込みご飯だけでも美味しいですが、綺麗なピンク色の生たらこはクセが無く、通常のたらこよりも若干塩分も控えめでシンプルに美味しいです。

店名:祐一郎商店
場所:3階三塁側
金額:美瑛とろけるプリン付きで1980円

エスコンフィールドカレー

新庄監督も通う旭川「クレイジースパイス」が出店。炒めたタマネギに多くのフルーツ・野菜を加えチキン・ビーフのラードのスープで煮込んだカレー。『胃にもたれない おなかに軽い』カレーです。
店名:クレイジースパイス
場所:3階一塁側
金額:ハンバーグカレー1600円 ハンバーグ無のエスコンフィールドカレーは1100円

場外エリア

ベーカリーやいちびこ等、スタジアム場外で販売されるグルメ。

白トリュフの塩パン

店名:Truffle BAKERY
場所:場外 沢エリア

生いちびこミルク

3種類の産地が異なるいちごを使ったいちごミルク。お店にいちごのパックが積んであって作りたてのいちごミルクが飲めます。ラベルのウサギをファイターズガールの衣装を着てます。透明のフタがしてあるので持ち運びしてもこぼれません。
店名:ICHIBIKO
場所:球場外 THE LODGE 2F
金額:888円

いちごくるるん

フレッシュな生クリームを挟んだ「しろ」と、いちごクリームを挟んだ「あか」の2種類。クリームを挟むメレンゲの、口の中でとろける感が楽しめます。
店名:ICHIBIKO
場所:球場外 THE LODGE 2F
金額:あか、しろ共に1つ702円

見どころ

大谷&ダルビッシュの壁画

場内1階コンコースレフト側

えふさんのモニュメント

場外3塁側入場モニュメントの青い熊は、Fビレッジのマスコットキャラクター「えふたん」の親熊「えふさん」。

OBの名言格言

下記場所にあるトイレの出口にはファイターズOBの名言格言が書かれています。

大谷翔平…1階ライトSec.102
新庄剛志…1階1塁側Sec.119
稲葉篤紀…2階3塁側七つ星横丁
栗山英樹…3階1塁側Sec.311
ダルビッシュ有…3階3塁側Sec.335

タイトルとURLをコピーしました