【横浜スタジアム】スタジアムガイド

スタジアムルール

*各球場とも危険物・ビン類・カン類の持込は不可
ペットボトル持込:可、但し大量に持ち込むことは不可
飲食物持込
ルール上は衛生面上禁止となっているが、手荷物検査でペットボトル飲料含め咎められるケースはほぼ無い。
コンコース通行規制
ライトスタンドコンコースは、ライトスタンド席種のチケット所持者のみ利用可
レフトスタンドコンコースは、レフトスタンド席種のチケット所持者のみ利用可
*ライトスタンドとレフトスタンドは基本的に行き来出来ないが、一部試合においてレフト側ホーム応援席の券種所持者をライトスタンド側から入場させる場合がある。

内野席・ウイング席コンコースはどの券種でも通行可。
外野側にはスタンドコンコース以外に券種を問わず利用できる回遊デッキがあり、イベント等で規制の無い限りスタジアムが一周できる。
スタジアム無料Wifi:無
モバイルオーダー:有(HaMaMo!):下記外部リンク先を参照
https://www.baystars.co.jp/foods/mobileorder/

通常グルメ

ベイマグロ皿

特製味噌に漬けこんだマグロ版カルビ焼肉。ベイマグロ丼は白飯の上にマグロですが、こちらは白飯抜きで、代わりにマグロ2人前入ってます。

店名:BAY MAGURO
場所:ライトウィング3階 BAYSIDE ALLEY
金額:ベイマグロ皿 2人前1200円 ベイマグロ丼950円

砂肝ポン酢

ポン酢でさっぱり、かと思ったが割と味濃い目の砂肝。金額的に手頃なおつまみ。

店名:ダイナマイトボウル
場所:内野三塁側23通路
金額:550円

ベイチキンレック

220グラムある骨つき鶏。見た目で想像通りの味ですが少しコショウ強め。

ライトウィング3階BAYSIDE ALLEY内 BAY CHICKEN LEGで販売。700円 

泉平のいなり寿司

地元関内に店舗を構える「泉平」の、甘辛く濃厚な煮汁たっぷりのいなり寿司。

ベイ餃子

通常サイズの1.5倍程のジャンボ餃子4個入り。餃子そのものに味付けがしてあるので手が汚れたり醤油をこぼしたりする事が無いのも◎。

ベイメンチ

ソースにくぐらせているがサクサク感が損なわれないメンチカツ。
メンチの大きさは、やや小ぶりですが肉がぎっちり詰まっている感はあって、肉の旨味でソースが無くても食べられそうな感じです。

シウマイ弁当

デパ地下や駅弁等でご存じ崎陽軒のシウマイ弁当。ハマスタで買うと50円程高いがオリジナルの掛け紙になってます。

ベイスターズドッグ

地元神奈川の企業「厚木ハム」の特製ソーセージを使用。 パンは少し硬め(フランスパン程は硬くないです)と柔らかめのパンから選べる。ピクルス、タマネギ、ザワークラウトなどの付け合せは無いがパラペーニョ(青唐辛子)がトッピングされているのが特徴

ベイカラ

球団オリジナル唐揚げ。率直に言って肉自体はそこまで特別なものでは無いが、他人が食べているのを見ると結構おいしそうに見える。チーズや梅などのトッピングと相性が良い。

みかん氷

缶詰のミカンと、そのシロップをカキ氷の上に盛ったもの。シンプルなメニューですがミカンの盛り具合があってか、以前からハマスタで食べるものと言えばこれ、という一品。

青星寮カレー

ベイスターズ選手寮「青星寮」で供されるカレー。選手たちが毎日でも食べられる様「食べやすさ」を重視したそうで、辛さは控えめ。カレールーの中に野菜が一杯溶け込んでる感の味。売店によっては以下のサイズがある。ハーフ:245g、レギュラー:360g、選手盛:570g。

青星寮グリーンカレー

ココナツミルクの甘さでコーンポタージュの様なお食事として程よい甘さを感じ、後からほんのりカレーの辛みが来る。ご飯はタイ米を使用。

目玉チャーハン

選手食堂でも供され今永昇太が週に一度は食べる味。チャーハン時代はオーソドックスなものですが、二つの目玉がチャームポイント。チャーハンにまぶした刻みチャーシューも美味しい。

ベイスターズエール

球団オリジナルの醸造ビール。明るい色あい、アルコール度4.5%の軽い飲み口、ほんのり甘い口当たりが特徴。
扱い店舗が複数ある他、売り子による販売もあり。

濱星樓(はますたろう、レフトウイング席階下)

2020年に食べた時の記事なので金額は変わっていると思いますが参考まで。

選手・監督グルメ(参考、期間により入れ替えあり)

下記は参考情報になり現在販売されていないものも含まれます。

度会選手プロデュース「チョコパフェ」

今年加入の度会選手、早速のプロデュースメニューはチョコスポンジ、生チョコ、チョコソースと3種類のチョコレートがこだわりだそうです。ソフトクリームが垂れ下がってますが、これは個体差であり通常はカップの中に納まってます。

店名:Cafe Victory Court
場所:内野ネット裏13通路
金額:850円

牧選手プロデュース「ロールケーキ」

ふわふわ食感がより強いロールケーキ。ケーキの中央にはホイップクリームとベリー系のソースが入ってますが、カップの中にもいちごソースが入ってます。

店名:Cafe Victory Court
場所:内野ネット裏13通路
金額:900円

松尾選手プロデュース「五平イカ天」

『かわいいイカの形をしたさつま揚げ!』という事でイカの細かく切ったやつが入ってます。2本セットなのでシェアして食べる事が出来る。お酒のおつまみのみならず、お子様のおやつ代わりにもなるのでは。

店名:Cafe Victory Court
場所:内野ネット裏13通路
金額:800円

関根選手プロデュース「トルティーヤタコスチップス」

オフの修行地メキシコテイストのメニュー。ティーヤタコスチップスに牛もも肉、ワカモレ(アボガド)ソース、チーズをトッピングし、別添でハラペーニョ入りのサルサソースがつく。

店名:Cafe Victory Court
場所:内野ネット裏13通路
金額:1000円

楠本選手プロデュース「ジャージャー麺」

甜麵醬とオイスターソースを使っているが、辛み無くクセ無く食べやすい味付けになってます。温玉を絡めるとさらにマイルドな味わいに。

店名:Cafe Victory Court
場所:内野ネット裏13通路
金額:1450円

伊勢選手プロデュース「油淋鶏丼」

鶏肉メニューが多い伊勢投手、今回は油淋鶏丼。ソースの味が際立つ感じでは無く、サクサク衣の山賊焼の様な感じでした。鶏肉柔らかで食べやすかった。

店名:Cafe Victory Court
場所:内野ネット裏13通路
金額:1500円

宮﨑選手プロデュース「牛すじ丼」

ご飯の上には柔らかトロトロ牛すじとコンニャクの煮込みと温玉。牛すじをつまみにビール飲んで、温玉ご飯で〆るなんて食べ方もアリ。

店名:Café Victory Court
場所:内野ネット裏13通路
金額:1500円

牧選手プロデュース とんこつチャージ豚丼

豚骨スープ風のタレを絡めた豚カルビ焼肉と、紅生姜、ゴマ、刻みネギ、そして温玉が入った豚骨ラーメン風の丼。豚骨ラーメンの感じを残しつつご飯と合う様な味のバランスになってます。

店名:大阪焼肉・ホルモン ふたご
場所:内野三塁側21通路
金額:1500円

東選手プロデュース K/BB(克樹・バナナ・バーボン)

バナナ豆乳、バナナピューレ、バニラアイス、そしてバーボンが入ったアルコール感のあるバナナシェイク。アルコールがありながらも健康に良さそうな味がする新しい感覚のドリンク。

店名:CRAFT BAY BAR
場所:三か所あります
・内野三塁側19通路
・ライトウイング3階BAYSIDE ALLEY
・レフトウイング3階WING STAR SIDE
金額:1000円 *ノンアルコール(バーボン無)は800円

相川コーチプロデュース「ハラミ丼」

2023年から継続で登場。『ハラミのなかでも特に希少な部位サガリを贅沢に厚切りで!』との事だ。2023年版は盛り付けが若干寂しさを感じたのでその点が改善されるか注目。

店名:大阪焼肉・ホルモン ふたご
場所:内野三塁側21通路
金額:1500円

ヤスアキの守護神弁当

山﨑康晃選手と叙々苑のコラボメニュー。叙々苑流に味付けされた脂がのったカルビと脂少な目の上ロースのお弁当。山﨑康晃がプリントされたランチクロス付き。

場内弁当売店で販売。4000円

サノスのイベリコ豚弁当

写真左から醤油ダレ・塩ダレ・味噌ダレと三種の味のイベリコ豚の焼肉弁当で、味噌ダレは少し辛味噌仕立てにしているなど三種それぞれ味にアクセントがあって食べ飽きないお弁当です。肉系のお弁当は時間が経つと冷めてパサパサした感じになるものが多いですが、このお弁当はタレや油がうまく焼肉と絡まって時間を置いても美味しく食べられるのが◎です。

見どころ

近日アップ予定

タイトルとURLをコピーしました